もう作らない!ニキビにならないためのスキンケア方法!

ニキビを作らないスキンケア

ニキビは毛穴のある場所なら体のどこにでも出来る可能性があり、洗浄と保湿が有効なスキンケアになります。洗浄も汚れ落としを過剰にして、肌を守る皮脂まで取り除くのではなく、必要な汚れ落としを行った上で保湿ケアが望ましいです。洗顔し過ぎれば肌を保護する皮脂まで無くなってしまい、化粧落としを疎かにすると毛穴に汚れ詰まりが起こり、ニキビ原因になりますから、清潔にする事はスキンケアの基本として重要になります。必要な皮脂まで取り除けば乾燥が進み、乾燥した肌は外部刺激に弱くなりますから、ここで洗浄の後の保湿ケアが必要になり、保湿力を高めた肌はニキビを始めとした様々な肌トラブルの改善や予防に繋がっていくものです。

再発しないように肌の代謝を高める

現在存在するニキビを治せても、別の所にニキビが出来続けるという悩みを持つ方が居ますが、これはニキビを根本から治せていない状態です。ニキビ悪化や再発を防ぎながら現在のニキビを治す事で、肌は綺麗な状態になっていきますが、肌の代謝を高めていく事が必要になります。代謝が高い肌というのは外部からの細菌侵入を防いだり、肌の生まれ変わりサイクルも正常ですから、肌が正常に働いた状態というのは代謝が高い状態です。このような状態を作るには内外からのスキンケアが必要で、食生活や運動、睡眠といった生活習慣の改善で体の内側から免疫や代謝を高めて、外部からは洗浄や保湿といったケアを続ける事が必要と言えます。そうすればニキビが炎症悪化を起こしたり、新しく出来ても悪化せずに治りやすく、ニキビそのものが出来にくい肌になるものです。