できちゃった!ニキビ跡って治せるの?

スキンケアでニキビ跡にアプローチ

茶色いシミになってしまったニキビ跡の原因は、ずばり色素沈着です。肌を守ろうと大量に発生したメラニン色素が肌に残ってしまい、シミになってしまっているのです。これを消すには、体の外と内、両方からのアプローチが大切になります。
まずは外からのアプローチ。肌の中に留まったメラニン色素は、ターンオーバーで外に排出されます。適切なケアを行ってターンオーバーを促しましょう。ここで大切なのが保湿と美白です。肌が硬くなり、カサついたりゴワゴワしていると、スムーズに肌が生まれ変われません。しっかりと保湿を行って、肌を柔らかく保ちましょう。また、美白成分を与えてメラニン色素の生成を抑えたり、できてしまったシミを薄くするのも効果的です。

生活習慣を整えるのも大切

体の内側からニキビ跡にアプローチするのも大切なことです。化粧品だけに頼らず、体そのものの調子を整えて、肌を健康に保ちましょう。
まずは食生活から見直してみましょう。暴飲暴食や偏食をしていると、血液循環や代謝が滞って肌のバリア機能が衰えたり、ターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。大切なのは栄養バランスの取れた食事をとることです。特に皮膚の元になるたんぱく質や、保湿に効果のあるアミノ酸などは積極的に摂るようにしましょう。
睡眠も非常に大切な要素です。肌のターンオーバーに必要な成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中なので、少なくとも6時間は眠るよう心がけてください。早めに寝る準備を整えるよう習慣づけていきましょう。