知りたい!ニキビ跡に効くケアの仕方!

こまめに保湿をすること

ニキビがあると憂鬱になってしまうものです。では、そんなニキビをきれいに治すためには、いったいどのようなケアをするのが正しいのでしょうか。
一つ目のケア方法として、こまめに保湿をするという方法が挙げられます。人間の肌というのは、乾燥している状態が続くと肌の組織が脆くなり、いつまでたってもニキビが治らないという状態が続いてしまいます。逆に、うるおいを保ってあげると、肌を再生する細胞が活発に動いて早くニキビが治るのです。
お風呂上りにはすぐに化粧水や美容液を塗る、定期的にスペシャルなパックを行うなど、潤いに対して敏感になっておくと良いでしょう。特に季節の変わり目は乾燥しやすいので、十分に気をつけなくてはいけません。

肌に良い食べ物を摂取する

続いて、ニキビが出来た肌の再生能力を高めてあげるために、肌に良いとされている食べ物を積極的に摂取すると良いでしょう。ときどきではなく毎日摂る事が大切です。 例えば、良質な油であるエクストラバージンオイルやマカデミアナッツオイル、リコピンが多く含まれているトマト、ビタミンCが多分に含まれているキウイやイチゴやオレンジなどが挙げられます。 お腹が空いている時に先行して口に入れてあげると、より一層効果が高くなります。ただし、オイルは摂取しすぎると新たなニキビを増やすこtになってしまいますので、少量を摂取した方が良いでしょう。また、質の悪い油を摂取すると、余計に肌が荒れてしまいかねませんので、気をつけましょう。